<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.20 Friday *** - / / - / -


Thomas Crown Affair
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,734
(2010-12-23)

 Watching Date:110516


「毛」という言葉は字面もそうだが音の響き自体が汚い気がしてしまうのはどうしてなのか。
どうして肌を守るために存在するものを、人は剃って抜いてしまうのか。
剃ったらボディクリームを塗らないと粉が飛ぶほど乾燥してしまうにもかかわらず。
抜く瞬間は本当に痛いし、赤く腫れてしまうことだってあるのにもかかわらず。
その上、お金をかけてレーザー脱毛にいそしむ人は数知れない。

しかし、このまえさんまさんの某教養系番組で「脇毛を脱毛してしまうと女としての魅力が半減してしまう」といったような発言を聞き、見栄えはもちろん大切だけれども、毛は動物として失ってしまってはいけないものなのかもしれない・・・と再考の必要性を感じていたりもするが。

さて、そんな私が「この世の中には濃い胸毛が生える人がいるのだ」と初めて知ったのは、ピアース・ブロスナンをみたときだ。確か007の映画だったと思う。「ゴールデン・アイ」かな?
自分の周りで海とかプールで肌をさらす知り合いの中に毛の濃い人間がいなかったもので、みたときの衝撃は正直自分でも計り知れない。
しかし、その驚きとともになぜだかよだれがたれそうになってしまい、目の前のテレビ画面に映っている毛を自分はいったいどう受け止めているのか、自分がどういう精神状態にあってなにをどう感じているのか、軽いパニックに陥ってしまったのだった。

まあ、そのときにはすでに下ネタは当然のようにしゃべっていたが、小学生で胸毛に男の色気を感じるにはさすがに時期尚早であった。確かに感じているにしても、それを冷静に咀嚼することはできなかったわけである。

ちなみに、私はイギリス周辺の二枚目俳優にしか胸毛に色気は感じない。あしからず。


さてそれ以来、なぜかわからないが3年周期くらいでブロスナンの映画がみたくてたまらない症候群にかかる。一回煙草を吸ってしまうと、やめてしまったとしても匂いをかぐだけで吸いたい衝動にかられるのと一緒かもしれない。やめるのも逃げるのも自由なのに、一度でも味わってしまったら、生まれた川に戻る鮭のように戻ってしまうのだ。

そんなわけで、いまもその症候群に襲われておりいろいろみているのだが、この「トーマス・クラウン・アフェア」は私がブロスナン出演作で自分が一番望んでいるものを味わえる映画だと思った。正直、症候群になる度に日曜洋画劇場で録ったビデオをすりきれるくらいにみていた007シリーズを軽く超えてしまっており、なんで私がこんなにブロスナンが好きなのかわかってしまったのだ。


私がブロスナンが好きな理由として、クールというよりはドライな男性が似合うというのがある。絶対に熱くならない、一時の衝動にかられても、その後は非情なくらいに割り切れるのに、絶対いい男のカテゴリから外れない。だからこそジェームス=ボンドが似合うんだと思うんだけどね。現実では絶対手を出さないタイプの男性だけれど、客観視できるから作品の中の彼に溺れることができる。観賞用の男性としては最高なわけです。

次にあげられるのが、うさんくささ(笑)。これがこの作品をみて気づいた点であるのだが。
なんといっても、端正な紳士であるにもかかわらず、相手の女性からしたら相当イラッとするであろう「すっとぼけたような表情」がたまらなくいいのだ。どこまでも自分をさらけ出すことなく、手の内を明かさない。そんな相手にいい感情なんて抱かないけれど、放っておけないし気になる。信用するに値しない男との駆け引きの中で女が意地になって挑んでいく間に、いつのまにかずぶずぶ男に溺れている。恋愛というのは、女が男にイニシアチブをとられてしまうことを許すか許さないかの瀬戸際で起こっていることなのかもしれないなア。

この作品での彼の役柄は気障で知的で金持ち・・・ドンピシャ!!




あとはまあ、あんだけベッドシーンやってる割になかなか拝めないブロスナンの綺麗なケツがみれるのもプライスレスかもね(笑)。エロいけど本当に映像が綺麗なシーンで、センス抜群。

全体通しての演出やストーリー展開も秀逸。派手さはないんだけど話がよくできているので、もーレネ・ルッソとブロスナンのことしか目に入らないし入れなくていい、そういう作品。
2011.05.20 Friday *** Movie / 01:27 / comments(3) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
2011.05.20 Friday *** - / 01:27 / - / -


Comments
管理者の承認待ちコメントです。
- / 2011/06/13 11:59 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- / 2011/07/15 5:07 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- / 2011/08/27 10:45 AM
POST A COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
Infomation
Categories
Entries
Archives
Sponsor
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search